住みやすさの秘訣は!?収納場所と動線がポイント

収納場所をどのように設置するか

玄関回りに収納場所があれば、荷物を一時的に置くことができます。宅配便を受け取ったときに、一時保管することも可能でしょう。小さいお子さんですと重たい荷物を室内に運ぶのは大変ですから、収納場所があると助かります。収納場所を決めるうえで重要なのは、スペースを大きく確保すれば、収納以外のスペースが狭くなることです。収納場所は確かに重要ですが、いざ家具や家電を設置するときに苦労するようでは困ります。なかにはゴミ箱を設置するスペースすらなくなったという人もいます。快適に生活できる注文住宅を目指すためには、全体のバランスが重要なポイントです。

快適でストレスのない動線を実現するために

生活するうえで欠かせないのは家事であり、食事はすべて外食で済ませるという人でも、掃除と洗濯は必須になるでしょう。快適な動線を実現するには、ある程度のスペースが必要となり、特に居住人数が多いほど熟慮する必要があります。頻繁に人が通る場所であれば、無理なく交差できるようにしたいです。誰から通っているとき、自分が待たなければいけない状態はストレスになるでしょう。お子さんがいるのであれば、子どもが遊ぶことを考慮した動線を意識してください。モノが多いと足が引っかかって子どもが転倒するリスクがあるので、子ども部屋はすっきりとした動線を意識する必要があります。子どもは大人ほど注意力が高くないため、段差などにも注意しましょう。お子さんが成長していくことも踏まえて、注文住宅の施工計画を立てることが大切です。

幅広い年代の方が住みやすいと感じる地域の神奈川の注文住宅は、工務店が予算やアイディアなどの提案をわかりやすくしてくれます。

© 2022 Decide On A Floor Plan - All Rights Reserved.