注文住宅にツーバイフォー工法はふさわしい?その特徴やメリットを紹介します!


ツーバイフォー住宅ってどんな工法で建てるの?

あまり建築に詳しくない人であっても、ツーバイフォー住宅という言葉であれば、1度は見たり聞いたりした経験があるはずです。これは主に北米で発祥して普及した、木造住宅の建築工法の1つ。その名称の由来は、厚さ約2インチで幅約4インチの角材を主に使用することによります。

ツーバイフォー工法では、まず最初の段階で壁や床そして天井を組み立てた6面体の箱を作って、そこから窓をくり抜いたり、屋根を取り付けていきます。柱や梁を「線」として組み上げる日本の在来工法とは異なり、「面」で構造部を合理的かつ効率よく作り上げていく点に、この工法の大きな特徴があります。

注文住宅をツーバイフォー工法で建てるメリットは?

注文住宅を検討している人の中には、できるだけ早く入居したいケースもあることでしょう。ツーバイフォー工法の家ならば、その要望に応えることが可能かもしれません。前述したようにツーバイフォーは、極めて合理的かつ効率化された建築工法です。その上、この工法で使用される建材は、あらかじめ特定の工場で大量生産したものを製品化しており、建築現場ではそれを設計通りに組み立てるだけでOK。工期の大幅な短縮が可能になるので、施主の入居も早めることができるはずです。

またツーバイフォー工法は建材の規格化や施工の合理化が進んでいることで、建築現場にいる職人の熟練度に品質が左右されることが、ほとんどありません。品質の安定した注文住宅を希望するならば、ツーバイフォーの家も選択肢に入れるべきでしょう。さらに耐震性や耐久性に優れることも、ツーバイフォー工法で注目したいメリットです。壁面で構造部を組み立てる工法なので揺れに強く、同時に気密性や断熱性でも高い性能が期待できます。

福岡の注文住宅を選ぶなら有名業者のモデルルームをまず見学に行くのがいいでしょう。それによってどんな家を建てるかイメージが湧きやすくなります。

© 2022 Decide On A Floor Plan - All Rights Reserved.