北海道の賃貸物件の多くに見られる寒冷地ならではの特徴とは?


窓は二重以上のサッシか複層ガラスが大半

冬になると気温がマイナス二桁台になることも珍しくない北海道の賃貸物件には、寒冷地ならではの特徴がたくさんあります。例えば、各部屋に取り付けられている窓は、大半の物件で複層ガラスか二重以上のサッシのいずれかが採用されています。窓は多重になることで断熱性能が高くなり、外気の影響を受けにくくなります。これにより、ストーブやエアコンなどを使った室温の調節が容易になり、冬は暖かく、夏は涼しい室内環境を自分でつくりやすくなります。

壁や天井などに断熱材がたくさん用いられている

北海道の賃貸物件の断熱性能の高さは、窓の多層化だけが理由ではありません。壁や天井にもたくさんの断熱材が用いられており、それらの働きにより快適な室内環境がつくられます。北海道を拠点のひとつとしている住宅メーカーの中には、独自の断熱工法を考案している所があり、自社で手掛けている住宅のアピールポイントの一つとしています。

暖房器具が最初から備え置かれていることが多い

北海道の賃貸物件では、ストーブやエアコンといった暖房器具が備え置かれていて、入居後から使用できるようになっている場合が多いです。ストーブは寒い時期にしか使えませんが、エアコンが完備されている場合は暑い時期にも室温調節に利用することができます。ただし、予め暖房器具が備え置かれている物件では、自分でエアコンやストーブを持ち込むことが認められていない場合が少なくありません。入居時の契約内容や重要事項の確認では、暖房器具の利用に関するルールもチェックしておきましょう。

小樽の賃貸マンションは、間取りが2DKまでなら6万円以下で借りることのできる物件が多いです。逆に3LDK以上になると、相場は7万円以上になります。

© 2022 Decide On A Floor Plan - All Rights Reserved.