賃貸広告の間取り図に表示されている略語の意味は?見学時にも持参すると役に立つ!


間取り図で使われている略語を知っておくと便利!

間取り図とは、賃貸広告を見たときに一番に目につきやすい、物件の部屋全体を上から眺めた図面のことを指します。賃貸物件を探すときは、ただ図面を眺めているだけではなく、間取り図の記載されている略語は何を示しているのかを事前に知っておくことが大切です。たとえば、KやDK、LDKの表示は部屋の数や構造を表すものです。

そして、UBはユニットバスの略語でお風呂と洗面所、トイレが一体型のタイプになっていることが多いです。洋6、和6というのは、洋室と和室、それぞれが6畳分の広さがあるという意味があります。玄は玄関、押は押入れの略語になります。間取り図に使われている略語の意味を覚えておくと、求めている賃貸物件が探しやすくなり、大切な手がかりとなるでしょう。

間取り図と見比べながら賃貸物件の見学を!

賃貸広告をチェックしていて、良い部屋が見つかったら、賃貸物件の見学に行ってみましょう。自分の目で見て、「本当にこの部屋に決めて後悔はしないか」ということを判断できるように、部屋の隅々までチェックします。その時に持っていく必要があるのが間取り図です。間取り図の略語を覚えていると、図面と実際に見た部屋の構造や設備の種類などの違いをチェックするときにも役立ちます。

間取り図では「押」と記載されているのに、部屋の見学時には押入れは無かったなど。間取り図の情報が古く、実際と異なる部分もあるので、細かくチェックすることが大切です。間取り図はあくまで参考資料です。住みやすい部屋を見つけるには、1件だけではなく、複数件の賃貸物件を見学して、より良い部屋を選べるようにしましょう。

札幌東区の賃貸物件の中には敷金や礼金のいらないお得な物件がたくさんあるので学生にも高い人気を誇っています。

© 2022 Decide On A Floor Plan - All Rights Reserved.