資金計画で失敗する人の特徴とは!?失敗事例を知っておこう


資金計画がすべてに影響する理由

家造りのすべてを左右するのが資金計画と言っても過言ではありません。土地を購入するにも、施工会社に設計プランの依頼をするのも、肝心の家造りをするのもすべて資金が必要だからです。そのため資金計画は最初に決めておく必要があり、現在の家計で余裕を持って支払いできるプランに落とし込んでいくことが大切です。

一括で購入するならローンは必要ありませんが、住宅の修繕資金はある程度残しておく必要があります。貯金がほぼなくなってしまうと、万が一のときに対応できません。少なくとも給料の3か月分以上は残しておき、一括購入できる範囲で家造りをしましょう。ローンを組むのであれば、無難に完済できるか見極めます。返済がギリギリと思われる返済計画であれば、高確率で返済を続けるのが難しくなります。

よくある失敗例を紹介

家造りでよくある失敗は、段階的にコストが増えていくことです。こだわりの家造りでは、途中でさまざまな希望が生まれてくるのが普通です。希望や理想を追求するとなると、必ずお金がかかると考えてください。家造りの資金計画では予算をかなり多めに見積もっておかないと、あとから不足してしまう可能性があるのです。ローンを組むときは頭金を入れたほうが支払い総額を圧縮できます。貯金がほとんどない人にとって頭金なしのローンはありがたい存在ですが、頭金がない分だけ借入れする金額は大きくなり、結果的に利息も増えてしまいます。そのため頭金はできる範囲で用意したほうが、毎月の負担を軽減できるわけです。

最近流行りのローコスト住宅をご存知でしょうか。一般的に1000万円以内で建つ家のことを指します。ローコストだからといって品質が悪いとかはなく、賢く家を建てる選択肢の一つになっています。

© 2022 Decide On A Floor Plan - All Rights Reserved.