賃貸住宅選びは防犯を意識する?確認しておきたいセキュリティ3選


賃貸住宅の鍵の種類を確認

自分の財産を守るためには鍵の種類は重要です。古いタイプの鍵だと、不在時に空き巣被害に遭う可能性が高くなります。ピッキングや複製がしやすく、簡単に家の中に入られてしまうこともあるのです。複雑な構造をしているディンプルキーや電子錠(カードキー、指紋認証など)であれば、ピッキングされる可能性が低く、セキュリティが高いと言えます。鍵のタイプがどんな種類なのか、賃貸住宅を探すときには、よく確認しておくことが大切です。

インターホンがあれば訪問者をチェックできる

インターホンがあればセキュリティを高くすることができます。住んでいる家に誰かが訪ねてきたときに、相手の姿を確認することなく玄関を開けてしまうのは危険です。不審者の可能性もあるため、玄関を開ける前にどんな人物なのかチェックする必要があります。インターホン越しで会話することで、不審者の侵入をあらかじめ防ぐことが可能です。カメラ機能や録画機能が備わっているタイプのインターホンであれば、より防犯性を高めることができます。

防犯カメラは監視だけでなく不審者撃退にも役立つ

状況を検証することができる防犯カメラ。事件や事故があったときには、防犯カメラで録画していた映像が証拠として採用されることも多いです。防犯カメラは、映像を確認するだけでなく、未然にトラブルを防ぐことにも役立ちます。空き巣や窃盗などの犯罪を起こす人は、事前に下見をする傾向にあります。防犯カメラが設置されていることがわかれば、犯罪を諦めさせることもできるのです。賃貸住宅を選ぶときには、防犯カメラの有無や数なども確認しておくといいでしょう。

網走の賃貸物件は、敷金1か月、礼金は無しの条件が多いです。間取りは、ファミリータイプが揃っています。

© 2022 Decide On A Floor Plan - All Rights Reserved.