最適な賃貸オフィスの借り方とは!?オフィスの広さについて学ぼう


最適な賃貸オフィスの広さを把握しよう

はじめて賃貸オフィスを借りるとき、必要な室内のスペースはどれくらいかなど、最適なオフィスの探し方がわからなくて困ることはありませんか?実際にオフィスを借りてみたら、あとになって「オフィス家具を置いたら室内がこんなに狭くなるなんて…」「スペースが余って使い道がない」といったことも起きます。オフィスが狭いと移動や仕事の効率も悪くなることもあります。そして、賃貸オフィスが広ければ広いほど、賃料は高くなる傾向があります。ですから、広すぎるスペースを借りてしまうと無駄なコストが発生するため、自社にとって最適なオフィスの広さを把握してから物件を探し始めるようにしましょう。

最適な賃貸オフィスの広さについて解説

「賃貸オフィスの最適な広さは何平米必要なのか?」、賃貸オフィスを借りた経験がない人はすぐに答えるのは難しいですよね。オフィスにはデスクやOA機器、コピー機など、様々な事務用品を置くスペースのことも考えて、最適な広さを考えなくてはいけません。社員1人に対し、仕事をするうえで十分な広さというのは、3坪から4坪くらいになります。計算は社員1人あたりに適したスペース×社員数が目安になります。

営業に行く社員が多ければ、1人あたりのスペースは2.5坪や3坪で十分な場合もあります。将来、社員数を増やす予定があるなら、少し余裕をもたせて計算をするのがよいです。賃貸オフィスの必要な広さは、事業内容や環境によっても異なるので、その点も踏まえて最適な面積を算出しましょう。

中央区で賃貸オフィスを探す場合、個人事業向けの1ルームタイプから、高層ビルをフロア単位で契約するタイプまで揃っているので、事業形態にあったオフィスを選ぶと良いです。

© 2022 Decide On A Floor Plan - All Rights Reserved.