注文住宅の依頼先はどう選ぶ?設計時のポイントは?


どこに依頼するべきか

注文住宅は、さまざまな依頼先があって、どこにお願するのかは悩みどころかもしれません。それぞれ利点がありますので、自分の希望が叶う先で、費用を出来る限り抑えられるなら理想的ということになります。いずれにしても、選び方のコツはまず、その会社の実績や特徴などを見てみることが肝心です。

例えば、出来るだけ自由デザインにしたいなら、ハウスメーカーよりは設計事務所の方が、希望が叶う傾向にあります。また、経費面で見ると、工務店ならば長年の付き合いである仕入れ先とのパイプがあり、コストを抑えられる可能性も。そして、小さな変更なら対応も早いという特徴があります。気になる施工後のアフターフォローについては、一般的には大手ハウスメーカーは無料補修や定期点検などが充実しているのがメリットです。

そのように、発注先によってそれぞれ強みが異なりますので、業者検討から選定までは十分な余裕をもって進めていくのがおすすめです。

収納は動線も考慮した設計を

家を建てる際に基本となるのは設計ですが、実際に暮らしてみてから大きく差が出るのが、収納と銅線による快適さです。特に、収納に関しては不満があるという人も少なくないようで、建ててしまってから、足りないと感じることは多いものです。そこにはもちろん、物の量と収納スペースの差という絶対的な要因はあるのですが、実は動線にも問題があるというケースも多いのです。

というのは、日々の生活の中で、人はどうしても楽な方法で物を収納するという傾向があり、動線が悪いために本来収納できるはずのスペースを生かせていない事があります。従って、そうならないよう設計の段階で動線も考慮した収納スペースを考えるのが大切になります。

日本の古都としての景観を守るために店舗のデザインなどにも制約のある京都の注文住宅では、決められた法令や周囲の住宅との調和を考慮した長く心地よく住むための家の実現が目指されています。

© 2022 Decide On A Floor Plan - All Rights Reserved.